ハートランドの「のみのみくいくい」

信州の酒を勝手に応援する連合会

豊洲市場6街区『ふぢの』『岩田』。(2024.2.24土)

f:id:fromheartland:20240224055956j:image

(黎明橋です。)

この日は3連休の中日です!(笑)

徒歩で豊洲市場を目指します。
(いつも通り、途中は省略します。)


f:id:fromheartland:20240224060157j:image

月島警察署交叉点、コンビニとガソリンスタンドと水素ステーションが出来ています!

(交叉点の斜向かいから移転して来たみたい!)


f:id:fromheartland:20240224060213j:image

f:id:fromheartland:20240224060235j:image
豊洲大橋です。

晴海埠頭には、船が・・・いませんねえ!


f:id:fromheartland:20240224060256j:image

豊洲千客万来』です。


f:id:fromheartland:20240224060313j:image

その右手方向が豊洲市場です。


f:id:fromheartland:20240224060330j:image

豊洲千客万来』横?の豊洲大橋門から入場します。


f:id:fromheartland:20240224060436j:image

せっかくなので、水神社さんにお参りします。


f:id:fromheartland:20240224060455j:image

あ、ウメが咲いている!

・・・というか、散り始めてますねえ!

香りはイイですねえ!(笑)


f:id:fromheartland:20240224060516j:image

豊洲市場正門交叉点近くのエレベータで、歩行者デッキに上がります。


f:id:fromheartland:20240224060651j:image

晴海埠頭に船が停泊してないのは、先ほど確認済みです!(笑)


f:id:fromheartland:20240224060715j:image

6街区に向かいます。


f:id:fromheartland:20240224060728j:image
f:id:fromheartland:20240224060734j:image
お寿司屋さんの予約受付の皆様は、まだこのくらいです。


f:id:fromheartland:20240224060747j:image

『ふぢの』さんに伺います。


f:id:fromheartland:20240224060802j:image

券売機で食券を購入し、席を頂きます。

  「タンメンを、塩でお願いします。」(850円)


f:id:fromheartland:20240224060815j:image

お料理が到着しました。

ああ、湯気でレンズが曇る~!(笑)


f:id:fromheartland:20240224060830j:image

頂きます!

アツアツです!

ハホハホしながら頂戴します。


f:id:fromheartland:20240224060857j:image

途中でラー油投入!

ああ、これはイイね!(笑)

ごちそう様でした!


『センリ軒』さんは・・・結構一杯です。

(入れば入れますが、無理はしません。)

後でお寄りしましょう!


f:id:fromheartland:20240224060918j:image

・・・というワケで、『岩田』さんへ伺います。

  「おはよーございまーす!」

  「おはようございます!」

おねえさん方が迎えて下さいます。

  「お好きな席にどうぞ!」

  「どこでもイイんですか? 常連様の席とかは?」(笑)

・・・とか申し上げつつ、一番影響の少ない席はドコ?(笑)

  「ホット、下さい!」


f:id:fromheartland:20240224060939j:image

f:id:fromheartland:20240224060957j:image

カウンター席の奥を頂きます。


f:id:fromheartland:20240224061011j:image

コーヒーが到着しました。


f:id:fromheartland:20240224061022j:image

頂きます!


f:id:fromheartland:20240224061052j:image

f:id:fromheartland:20240224061101j:image
メニュー拝見します!

ごちそう様でした!

新宿駅東口・喫茶『ベルク』。(2024.2.17土)

映画の後、紀伊國屋書店新宿本店の地下街を突っ切ります。

 

こちらは、文具と雑貨のお店です。

地下街は大分リニューアルされたようで、レストランが減ってますねえ。

 

私の記憶にあるのは、うどん屋さんとカレー屋さんですが・・・

事情通の誰かさんによると、一旦閉店して再開したらしいです。

へー。

ーーーーー

 

地下道で新宿駅東口に移動、毎度お馴染み『ベルク』さんに伺います。

 

・・・スゲー混んでますぜ!

 

(FREE PALESTINE のシールだそうです。)

注文行列に並ぶ誰かさんのご指示で、私は空席を探します!

もちろん椅子席なんてどこも空いてないし、壁際の立ち席カウンターも一杯です!

 

そんな中、ようやく立ち席を2つ確保ー!

ニット帽とか置いて、場所取りします。

 

しばらく待っていると・・・

カウンターに立つ皆様の列の向こうから、誰かさんが顔を出して手招きします?

行ってみると、注文カウンター向かいのテーブル席を1卓確保されてましたー!

スゲー!

 

私はテーブルの通路側イスに座ります。

だって、テーブルの間が極々狭いのです!

  「いや、奥の席に行くまでに、あちこちひっかかるでしょ!

   お隣テーブルのブツを絶対ひっくり返します!」

そりゃそーでしょ!(笑)

 

日本酒、クラフトビール、パンとパテの盛合わせ、巻きサンド・・・です。

頂きます。

 

ビールです。

左側、不透明な黄色のビールが・・・

 ●宮城・ブラックタイドブルーイング「シャロウズ HAZY IPA」(7度)

 ホップ山盛りですが、そんなに苦くないです。

 柑橘系っぽい香りもします。

右側、透明な琥珀色のビールが・・・

 ●イングランド・バーントミルブルワリー「ラガー ヘレス」(4度)

 さっぱりしてゴクゴクイケます!

(日本の大手メーカーのビールに近いかな?)

(大手メーカーのビールとは作り方も違うし、結構お高いですのよ!6笑)

 

黒いビールは、コーヒーソーダっぽい味です!(笑)

そんなに苦くないし、酸味が少々、何ならうっすら甘味を感じる風情でした。

●宮城・ブラックタイドブルーイング

  「キューピッドセレナーデ インペリアルスタウト」(10度)

 

日本酒は2種類。

左側のグラスが薄く琥珀色、香りがよくてしっかりしてます。

  純米吟醸特別純米?の原酒かなとか思います・・・多分。(笑)

 ●岡山・熊屋酒造「庵(あん)純米吟醸 備前雄町 無濾過生酒」

  壜燗を一回やった後、壜のまま熟成したそうです。

  熟成酒ですかー! 原酒ではなかったですね!(笑)

 

右側のグラスがあっさりして香りがいいです。 これはもう純米吟醸でしょう。

 ●山口・はつもみぢ「原田清流 Smooth & Light 純米吟醸

  うーん、飲みやすいです!(笑)

ーーーーー

 

おつまみの「レバーハーブパテ」です。

 

クラッカーに、パテをたっぷり載せてぱくり!

ビールが進んで困ります。(笑)

 

巻きサンドです。

正直に言っちゃうと中の具が、何だかわかりません。(笑)

こちらは日本酒で頂きます。

 

ごちそう様でした!(誰かさんのおごりです。 ゴチになります!)

帰るよー!

映画「フレディ・マーキュリー The Show Must Go On <トーク付上映>」@新宿ピカデリー。(2024.2.17土)

築地駅に戻り、地下鉄日比谷線銀座駅に移動。

丸の内線に乗り換えて、新宿三丁目駅に到着。

改札目の前にあった『ビッグカメラ新宿東口駅前店』さんにお邪魔します。

誰かさんは、先日中古のノートPCを購入しました。

何やらキーボードカバーがご所望とかで、いろいろ探しています。

・・・同じ製品なのに、値札が違うモノを発見。

店員さんに確認に行ったら、高い価格が正しいらしく、安いのは回収されました・・・

結局、何やらレジに持って行きます。

私のポイントが貯まっていたので、大半をポイント支払いして購入終了。

  「だから、値札の安いのをレジに持って行くんですよ。

   そもそも値札が違うのは、お店の責任です。

   価格が違うと言われたら、その値段だから買おうと思ったのにと言うのです。

   ダメで元々。 安い値段で買えればラッキー。(笑)

   ちょっとでも安くなった方がイイでしょ!(笑)」

その後、バッグパックとかコロコロバックとか見て歩きます。

 

13時過ぎ、地上に出て『新宿ピカデリー』さんに向かいます。

(ざっくり言うと、紀伊国屋書店の裏辺りにある映画館です。)

 

映画「レディ加賀」のサイン入りポスターです。

この映画を作った皆様、元日の地震なんて想定してなかったと思いますよねー。

映画のご健闘をお祈りいたします!

 

開場です。

 

チケットのQRコードを読取機にタッチしてエスカレーターに向かいます!

9階までエスカレーターで上がるのも大変です!

ーーーーー

 

感想です。

 

この日は、映画「フレディ・マーキュリー THE SHOW MUST GO ON」を観ます。

クイーンのヴォーカリストフレディ・マーキュリーの映画です。

 

但し音楽映画ではありません。

彼をデビュー当時から知る人たちによる証言ドキュメンタリーです。

途中途中に、演奏やライブの映像が入ります。

楽しそうにフレディの事を語る時もあれば、

昔の悲しみを思い出し言葉を絞り出すような場面もございます。

まあ、お気楽に観る感じではないですねえ。

 

私は一応世代ではありますが、クイーンは「知識として知っている」程度です。

ファンと言えるものではありません。

田舎モノは、そもそも情報が無いのです。

例えば、同級生の兄貴が陽水さんのファンなので、初めて存在を認識したレベルです。

地元ラジオの毎週のベスト10番組だと、歌謡曲と演歌一辺倒でした。

洋楽関係の情報ってどうだったんだろう・・・?

当時の私は歌詞重視だったので、英語の歌(洋楽)はノータッチだったのもあります。

 

その頃の私の音楽情報源って・・・

NHKラジオ第一放送(AM)の放送の「若いこだま」(22:20~23:00)が多分唯一です。

そこの洋楽担当?だと大貫憲章さんや渋谷陽一さん、だったかな。

(個人的には平野文さんと、なぜかPANTAさん友川かずきさんが好きでした。笑)

映画自体は50分ほどの短いモノです。

ーーーーー

 

この日は上映後に公開記念トークショーが行われました。

報道の方も入り、ウチらも撮影OKでした。

 

字幕監修の吉田聡志さん、

 

音楽ライターの朝日順子さんが登壇。

 

最後にフォトセッションも行われました。

(左の方は司会の方です。)

 

映画タイトルの「THE SHOW MUST GO ON」は、

「始まったものは最後までやり遂げなければならない」との事。

元々は演劇の言葉で、

  「一旦幕が開いたら、何が何でも最後までやらなくてはいけない」

プライベートで悲しい事があろうが、全力で舞台を務めなくてはならないのです。

日本でも「舞台上演中は、親の死に目に会えない」・・・と言われます。

(クイーンにも、同名の曲があるそうですが・・・)

 

フレディ没後も、別のボーカリストによりクイーン自体は活動を継続しています。

先日もその公演があったそうで、評判はよかったようです。

映画は機会があればご覧ください。

ーーーーー

クリント・イーストウッド主演のマカロニウエスタン3部作が、一挙公開!?

スゲー!

築地場外『長生庵』。(2024.2.17土)

朝11時に地下鉄日比谷線築地駅に到着しました。

築地本願寺さんです。

 

築地4丁目交叉点です。

築地場外の、西通り・中通り東通り・・・はメチャメチャ混んでます!

その割に晴海通り沿いの歩道は人が少ないです。

 

11時5分、『長生庵』さんに到着しました!

もちろん行列してますので、後ろに並びます。

 

亀吉くん(♀)にご挨拶・・・岩の下に頭を突っ込んでいます!

 

ウチらが、何でおそば屋さんに並んでいるかと言うと・・・

誰かさんがこの朝、おそば屋さんの Twitter をご覧になったらしく大興奮!

  「鯨のカマトロがー!」

・・・とか絶叫しています!!(爆笑)

  というか、「鯨のカマトロ」って何?(←魚じゃないからカマはないです!)

  ググりました!

  鯨の胸ビレ(いわゆる腕の付け根辺り)の特に脂が乗った部分を言うらしいです。

  初めて聞いたわー!(笑)

 

行列中、誰かさんが若女将にお尋ねします!

  「クジラって、まだありますか?」

  「ごめんなさい売切れです! あと豚キムチとかも・・・」

  「がーん!」(←「がーん!」とか言う人、いるんだー!笑)

 

多分、Twitter で出している肴を頂戴するなら、朝7時から来ないとダメでしょう!(笑)

 

ウチらが待っていると、SO様が休憩で出てらっしゃったので、ご挨拶申し上げます。

(写真の『信州いきいき館』は中野市にあります、って申し上げるのを忘れました!)

 

メニュー拝見します。

誰かさんが中座している間に、おねえさんが注文取りにいらっしゃいました。

  「おでんと、お刺身、牡蠣天ぷら2個・・・とりあえずそんな感じで!」

ホタルイカは売切れでしたー!)

もちろん、戻って来た誰かさんにご報告。

  「何で牡蠣?」

  「私が食べたかったからです!」

ーーーーー

 

20分ほど待って、ウチらが呼ばれます。

誰かさんは、玉子パックをつかんで入店!

ウチらの席は、入口冷蔵庫裏のボックス席・・・のとなりのテーブル席です。(笑)

(ボックス席では、30代くらいのおにいさんたち3人がご酒をお召し上がりです。)

 

メニューの燗酒をお願いするも、両方売切れ!

若女将よりのお申し出でがあり、何でも燗をつけて下さるとか!

ありがたいことです。

 

お通しは、赤身?のエシャロット和え? ちょっとニンニクっぽい?

 

冷酒を頂きます。

●兵庫・山陽盃酒造「播州一献 超辛口 純米」

 

お燗です。

●山形・新藤酒造店「裏雅山流 祥華 本醸造無濾過生酒」

 

ソイの刺身です。

 

頂きます。(間違えて2枚取っちゃいました!)

 

ウメー!(笑)

 

牡蠣の天ぷらです。

 

思ったより小さかったので、2つ頼んで正解でした。

 

牡蠣、ウメー!(笑)

 

牛すじのおでん盛り合わせが来ました!

横の薬味は上から・・・柚子胡椒・糸削り・ネギ、です。

 

・・・おでんデカいわー!

1人で頼んだら、これでお腹いっぱいになってしまいますぜー!(笑)

おでんの種ですが、天辺から時計回りに・・・

ちくわぶ・曲がりネギ・デカ肉が牛すじ・海老巻?と何か?・がんもどきで、

上に載っている白いトロトロのヤツが多分アキレス腱です。

 

誰かさんが取り分けて下さいます。

頂きます!

牛すじ肉です! デカい! 美味い!(笑)

 

締めのおそばをお願いします。

もちろん誰かさんがまとめてご注文。

  「もりそばと、しらす丼のそば付きセットを冷たいそばで!」

 

お料理が到着しました。

誰かさんの、しらす丼そば付きセットです。

 

私はフツーにもりそばをやっつけます。

誰かさんは、

  「これがやりたかった!」

おでんのおつゆで、そばをすすっています。

 

私も一箸頂きましたが、確かにイイ出汁ですねえ!

(出来ればもうちょっと塩味がしっかりしていると完璧!)

お汁を飲み干して・・・

  「ぐあああー! ・・・柚子胡椒、全部入れたでしょう!?」

 

しらす丼を一箸頂きます。

ウメー!

 

ウチら2人で、そば湯をポット1本飲み干しました!

最後の方は、トロトロのポタージュ状になってました!(笑)

 

お隣のおにいさん’s の会話が聞こえてきます。

彼らが帰った後で誰かさんがボソリ。

  「彼女が温泉に行きたいと言うなら、何も言わずに一緒に行けばイイのです!」

はい! おっしゃる通りでっす!(挙手の敬礼!)

 

ごちそう様でした!(誰かさんのオゴリでした。スタンプ3個分、ゴチになりました!)

 

お店に貼られていた、アムスの日本料理屋の料理人募集です!

さすが、Worldwide な築地だぜ!!(笑)

1時間でお店を出ますのよ!

 

地下鉄に乗るために築地駅まで戻ります!

豊洲市場7街区『やじ満』。(2024.2.17土)

6街区・レストラン街の自動ドアの外です。

ここから例えば・・・

   ゆりかもめ市場前駅まで340m、

   レストラン街まで10m

・・・だそーです。(笑)

 

7街区、管理棟の上に何やら絵柄がございます。

(実は私、この前日にも豊洲市場にお邪魔してその時に気が付きました!)

歩行者デッキにいたセキュリティさんにお尋ねすると、

  「あの絵ですか? 2~3週間前ですかねえ?」

・・・だそうです。

とすると、私が都合で来れなかった辺りにアレしたのかしら?

気が付きませんでしたー!(笑)

 

晴海埠頭の豊洲大橋寄りに船が停泊しています。

 

東京海洋大学の神鷹丸ですねえ!

(乗組員の方が写っているので、ボカシを入れました!)

 

歩いていると、SO様にばったり! ご挨拶申し上げます。

『小田保』さんメニューをお尋ね頂きましたが、珍しいものは無かったですねえ。(笑)

ありがとうございました。

 

7街区です。

お寿司屋さん前に、先程6街区にいらしたスキンヘッドのおっちゃん‘s を発見!

うーん、判断が早いなあ!

 

『やじ満』さんに到着。

珍しく引き戸が閉まっています。

寒いから暖房効果を上げるために、閉めているのかしら?

・・・とか思って、引き戸を開けてビックリ!

店内ガラガラ!

カウンターの壁側席を真ん中で入口側と窓側に分けますと・・・

  真ん中から入口側の半分だけ、ポツポツと皆様がお召し上がり中。

  真ん中から窓側の半分は誰もいません!

マヂ?

窓側の一番奥に陣取ります。

調理の若いおにいさんが迎えて下さいます。

  「ネギラーメンをお願いします!」(1000円)

おにいさん、注文を通します。

  「シャモです!」

ふと見ると、おねえさんはいらっしゃいます。

もしかして、お客が少ないのでのんびりしてます?

 

そうは言っても、おねえさんから自動的にドリンクが供されます。

ありがたい事です!(笑)

ザーサイも頂きます!

  「今日はお店が空いてますねえ。

   新橋からの始発バスも、観光客が並んでいたのにちょっと少なかったです。」

そんなご報告を申し上げます。

 

あら、入口側皆様がお帰りになって、今度はそっちがガラガラ?

 

豊洲 千客万来』のおウワサを申し上げている内に、お料理が到着しました!(笑)

さすがにお客が少ないと早いわー!(笑)

(ドリンクがあまり減っていません!笑)

「ネギラーメン」です。

 

頂きます!

白髪ネギが大量に載っています!

それをスープに沈めて熱を通します!

 

その間にちょっとピリ辛の麺をすすります!

ドリンクが進んで困ります!(笑)

 

ネギをつまんで、ぱくり!

豆板醬入りのスープ(醤油味)をすすります! ウメー!(笑)

ドリンクが進んで困ります!(笑)

 

細切りチャーシューをつまんで、ぱくり!

 

ネギをつまんで、ぱくり! ぱくり! ぱくり!

ネギだけで3〜4回くらい楽しめますねえ!(笑)

 

7時ちょうどにお店を出ます。

ごちそう様でした!

7時になっちゃったから、都営バスで帰りましょうかねえ。

 

バス停で新橋行きのバスを待ちます!

 

風は止んだみたいだけど、お天気がビミョー?

バスに乗ります。

ゆりかもめ新豊洲駅近くの『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』が解体してるっぽい?

カマボコ形の屋根に覆われた、60mくらいの短距離コースでしたっけ?

 

新橋駅に到着、乗換します。

ーーーーー

 

誰かさんと合流して、朝メシを食わせます。

 

ラムステーキ弁当です。

 

私も一箸頂きますが・・・

おつゆ(ステーキソースとか)を全部掛けろってーの?

いくらなんでも、ご飯が少な過ぎ!(笑)

これだけのおつゆがあれば、ドンブリ飯が食えますがな!(笑)

 

ごちそう様でした!

豊洲市場6街区『小田保』。(2024.2.17土)

この朝は、とあるメニューのお弁当持ち帰りが厳命されております!

もしそのメニューがなければ『岩田』さんのナポリタンだそうです。

へーい。

 

お寿司屋さんの開店待ち+受付待ちの皆様です。

 

5時59分、『小田保』さん前に到着。

開店を待ちます。

 

お寿司屋さん、まだ受付をしてらっしゃいます。

KTRさんが、おっしゃいます。

  「11時30分からでしたらご案内できますが。」

まあそんな感じでしょうねと思っていたら、すぐに、

  「12時の回になりますが・・・」

これはもうすぐ受付終了になりそうですねえ。

 

タッパのある、オレンジ色ニット帽の北欧おにいさんが受付したところで、

KTRさんが「カンバン」を出しました!

ああ、出ましたねえ。(笑)

 

スキンヘッドの欧米系のおっちゃん2人(多分50代)が、お寿司屋さんにご到着。

カンバンを見て行列に並ぼうとします? どうするんだろう?

あ、並んでいる外国人観光客(多分、南太平洋系)と会話しています?

あ、あきらめたみたい! 決断早いなぁ!

 

6時4分、『小田保』さんはライトが点かずにシャッターが上がりました。(笑)

(シャッターが上がってからライト点灯しました!)

写真撮り損ねましたー!(笑)

 

『小田保』さん開店です!

 

メニューを拝見して、

 

カウンター入口の席を頂戴します。

 

女将より、自動的に緑の壜が届きます。

ありがたい事です。

  「アオダイバターの単品をお願いします。」

  「あと持ち帰りで、ラムステーキお願いします!」

   ご飯ありです!」(←これは大事です!笑)

はい、この日の親方のご指定メニューはラム肉だったのです!(笑)

 

お隣からシャッターが開く音がします。

6時10分、お寿司屋さん開店です!

 

ーーーーー

 

お料理が到着しました。

 

アオダイのバター焼きです!

 

頂きます。

皮がサクサクした感じでウメー!(笑)

 

鯛系の魚はしばらく「ぶり」です。(←ブリではないです。)

醤油を垂らして頂戴します。

やっぱり美味いですねえ!(笑)

 

もちろん、キャベツも頂きます。

 

よくかき回してから、醤油を一回し掛けます!

キャベツ、ウメー!(笑)

 

お弁当を頂きお店を後にします。

ごちそう様でした!

-------

 

『高はし』さんです。

 

この日の予約は、3席+3席+3席+2席=11席でした。

 

メニューを拝見します。

あんこう煮 V-MAX Ver.セラフィムウイング」だそーです!

なんだかスゲー!(笑)

 

予告です。

どうやらメニューが冬から春に変わっていくようです。

 

追加の品書きです。

 

常連さまのお誕生日でしょうか!?

あと、私は「電撃参戦」とか「ツートップ」とかはわからないです・・・

KUMAちゃんです。

 

『磯寿司』さんです。

6時30分、お寿司屋さん前に戻ります。

と、カンバンを見たのに、突撃しようとされる方々を発見!

勝手にお声掛け申し上げます。

  「お寿司屋さん本日の受付は終了しましたよ。」

申し上げつつ、カンバンを指差します。

グループでいらっしゃったおにいさん、

  「朝6時開店と聞いたのでやってきました。」

  「普通のお店ならそれで問題ありません。 ただこちらのお店が特殊なのです。」

  「念のため申し上げますと、朝5時からお寿司屋さんの受付が始まります。

   今日は6時の開店前にこのカンバンが出ました。」

そう申し上げたら、あきらめたようです。

この後、皆様がどこの店にお入りになるかは、それは皆様のご判断なので私は何も申しません!

 

豊洲市場6街区『ふぢの』『センリ軒』。(2024.2.17土)

京浜東北線の始発で、新橋駅へ向かいます。

 

新橋駅で降車します。

電車を降りたら、いつもお見掛けする70代くらいの旦那さんがいらっしゃいます。

旦那さん、私の姿を見た途端に階段を降りる速度を上げました!

そんなに急いで階段を降りて大丈夫ですか?

(私はエスカレーターで降ります。)

 

新橋駅・銀座口です。

(私はあちこちで写真を撮ったりしますから、そもそも急いでないのです・・・)

 

その旦那さんが行列折り返しの先頭に立ち、私はその次です。(笑)

(このくらいの位置が、バスの前部座席に座れるかどうかの境目です。)

 

豊洲市場行き・始発の急行バス待ちは14番め。

バスに乗車したのは37~38人くらいでした。

海外/国内の観光客を含んでこの人数ですから、ずいぶんと少ないですねえ。

 

終点バス停にて降車します。

 

拾得物告知板を確認します。

7街区3階へ向かいます。

『福茂』さんで女将にご挨拶申し上げます。

 

『やじ満』さんは、朝6時開店です。

 

マグロせり見学に当選?された皆様です。

 

豊洲千客万来』です。

 

歩行者デッキのエレベーター前です。

駅とかレストラン街までとかの、距離が記載されています。

今までなかったのが不思議な感じです。

 

6街区に向かいます。

 

お寿司屋さんの受付待ちの皆様は、まだこのくらいです。

 

『ふぢの』さんに伺います。

 

券売機で食券を購入し、席を頂きます。

  「ラーメン、塩でお願いします。」(650円)

メニューで、只の「ラーメン」は醤油ラーメン。

塩ラーメンが食べたければ「塩で!」と注文します。

 

お料理が到着しました。

 

アツアツです!

 

ハホハホしながら頂戴します。

ごちそう様でした!

ーーーーー

 

『センリ軒』さんへ伺います。

  「おはよーございまーす!」

  「おはようございます!」

今日も社長は元気です!

  「ホット、下さい!」

 

鏡下のテーブルを頂きます。

 

ああ、来週の金曜日は天皇誕生日だけど、開市日らしいです!

 

こりゃ、混むな。(笑)

 

コーヒーが到着しました。

 

頂きます!

ごちそう様でした!