ハートランドの「のみのみくいくい」

信州の酒を勝手に応援する連合会

築地場外『TSUKIJI PEPPERS CAFE』。(2022.9.25日)

11時過ぎ、本願寺さん正面向かいの路地を歩いていると・・・

その路地をポリスカーが走っています?

後ろから、ワゴン車が何台もくっ付いて走ってます?

どうやら、某氏の「国葬」ならぬ「国葬儀」対応のようですねえ・・・

 

築地本願寺さんです。

 

強い日射しの中を歩いていると、日光の当たった場所だけ熱い暑いアツイ!

 

築地4丁目交叉点からの・・・

 

もんぜき通りです。

 

立ち食い寿司の『おかめ』さんとか、『又こい家』さんとか、行列ですねえ。

 

日曜は、海鮮BBQ営業の『三宅水産』さんも、行列ですねえ。

 

グロステーキの『とんぼや』さんも、行列ですねえ。

・・・海鮮丼屋さんは、行列にはなってないですねえ。

 

ホルモン丼の『きつねや』さん、ラーメンの『若葉』さんはお休みです。

 

路地に入り、『喫茶マコ』さんです。

 

アラ、ぜんざいも始めたのかしら!

 

西通りを越え、加藤市場の路地に進みますと、奥は諏訪市場になりますのよ。

 

『TSUKIJI PEPPERS CAFE』さんです。

  「おはよーございまーす!」

 

ドリンクメニュー拝見します。

うーん、悩む悩む。 この日はウイスキーソーダ割りな気分じゃないのです。

先客は50代くらい?のご夫婦で、結構話好きな感じで、ずっとしゃべってます。

おねえさんとの会話が途切れた瞬間、注文させて頂きます。

  「クラマトのブラッディ・マリーと、スパイシースナックを下さい。」

  「クラマト、ウオッカとラムは、どちらにしますか?」

  「ウオッカで!」

 

端っこの席を頂きます。

 

「クラマトのブラッディメアリー」(800円?)

はい、ハマグリエキス入りの美味しいトマトジュースで作った「血塗れメアリー」です。

 

「スパイシースナックミックス」(300円)

 

通路を挟んでお向かいは、旧『栄寿司』さん→旧『東京ライスカレー』さんでした。

アコーディオンカーテンが開いていますので、空気入れ替えかと思ったら・・・

お店の造作工事が入っているみたいです。

 

ピザをお願いします。

 

「ピザ(トマトベースにツナとベーコン追加)」(900円+100円+100円)

 

頂きます。

 

相変わらず美味いです。 特に生地が美味いと思います!

 

先客の旦那さん、コーヒー関係で海外を回っていたってお話が聞こえてきます。
いろいろな「目」に遭ったそうです・・・
現在は、大阪で焙煎所?とか、いろいろやってらっしゃるとか何とか。
スパイスねえさんの関係で、コーヒーの生豆を・・・とかって話はよく分からないです。
ご夫婦はお帰りになりました。

別の若夫婦がご来店、顔馴染みの常連様のようです。

 

おにいさん、帰ってきました。

何やら木材を抱えています。

あら、お向かいのカウンター貼り用ですか?

え、お向かいも借りて拡張するんですか?

おにいさん曰く、

  「ちょっと勝負してみようかと!」(笑)

  「キッチンと言うより、工場みたいな感じかな?」

フードの持帰り対応とか、別のお店とコラボとか・・・いろいろお考えみたいです。

おにいさんと顔馴染みの若夫婦(旦那)は、流れるような英語で会話しています。

私は、会話の3割くらいしか分からんので、断片をつなげて内容を邪推します。(笑)

奥様は日本の方ですが、ご主人はどちらの方かしら?(アジア系です・・・)

お2人は、しばらく東南アジア?にお出かけだったそうですが・・・

ショッピングモールにいらっしゃったとおっしゃるせいか、日焼けして無いですねー!(笑)

 

ヴェテランの旦那さんが、カレーを受取りにご来店。

こちらのお店では、別のお店と提携して、月に1度持ち帰りの予約を取るそうです。

私もお願いしたいのですが、持ち帰り日のタイミングが合わず、まだまだです。

 

何か、団体様が来るような電話があったのですが、結局中止みたいです。

(こちらのお店、予約は出来ませんのよ!)

ならばと、ベトナムコーヒーをお願いします。

底に沈殿?しているのは、練乳です。

 

掻き回して、頂きます!

 

効くー!

ごちそう様でした!

ーーーーー

 

憚りに行って出てくると、玉子焼きの串玉をお求めの皆様で、波除通りは渋滞中!

 

『まぐろや黒銀』さんも並んでますねえ!

 

『くじらのおうち』さんです。(『鯨の登美粋』さんです。)

 

アイスクリームは止めたのかな。

さて、この日の目的地に向かうよー!

豊洲市場6街区『米花』、7街区『やじ満』『木村家』。(2022.10.1土)

6時30分、『米花』さんに伺います。

  「おはよーございまーす!」

自主的に、いつも座ってる辺りに座ります。

ちょうど仲卸さん?に、引率された?背広の皆様5~6人がお帰りタイミングでした。

ジローさんが、

  「真ん中に座りなさい。」

先客はガタイのイイTシャツ短パンサンダルのおにいさん(大陸の方みたい)と、

L&G様でした。

 

お忙しいみたいなので、自主的にお茶を注ぎます。

  「ちょっと待っててね、今焼いてるから。」

どうやら久々の焼き魚のようです。

 

P様ご来店、ここから怒涛の常連様ラッシュです!

いつもより、大分遅くご来店の早起きおにいさん、

テニスのおにいさん、so様、若いおにいさん・・・等々。

 

この日の「いつもの」はこんな感じです。

メインはサワラの照り焼きです!

 

焼き上がりで、全長150mm、厚さ40mmございますのよ。

 

小鉢1は、野菜ローストです。

さつまいも・カリフラワー・かぼちゃです。

バターで仕上げたのでしょうか、香りがスゲーです。

また、黄色い溶かしバターが皿に溜まっています。

 

小鉢2はヒジキ煮だー!

ブナシメジ?が入っていますよ。

 

漬物は大根とキュウリです。

小鉢2と漬物はカズオさんが出して下さいました。

(多分、お盆の上で、キュウリが1切れ落ちたっぽい?)

 

おつゆは、油揚げとお団子です。

 

お団子は、海老真薯でしょうか。

おつゆは、実は最初にジローさんが、持って来て下さいましたのよ。

  「300度だぞー!」

  「いやいや、煮えたぎってるのを越えて、蒸発してますやん!」

  「実は油で煮ているとか?」

  「自然発火しますよ。」

  「鉱油なら大丈夫です!」

(もちろん鉱油は食べられませんので、単なる冗談です。)

バチバチ!)(←分かる方は分かります。)

 

ごちそう様でした!

 

7時のお寿司屋さんの入替待ちです。

ーーーーー

 

歩行者デッキで、SKMT様・常連さまお2人と出会いましたので、ご挨拶申し上げます。

  「今日はサワラの照り焼きでした。

   ・・・が・・・なのでアレです。」

  「大丈夫です。 気にしません。」(笑)

スゲーですねえ!(笑)

 

千客万来施設の工事現場です。

 

7街区に向かいます。

左列はお寿司屋さん待ち? 右列は『八千代』さん待ちです。

 

『木村家』さん前を通る時は、ご主人にご挨拶をするのがいつものことです。

この日は「つ」様もいらっしゃいましたので、ご挨拶申し上げます。

 

『やじ満』さんに伺います。

  「持ち帰りで搾菜炒飯をお願いします。」

  「今、持ち帰りが立て混んでいて、40分くらいかかりますが・・・」

  「構いません。 お願いします。」

 

『木村家』さんにお邪魔して、アイスコーヒーをお願いします。

「つ」様とご一緒させて頂きます。

先日テレビ放送の豊洲市場の飲食店・・・の裏話?を伺います。

  「先日の放送は3回だったのですが、初回だけお店の方の年齢が出たんですよ。」

  「全国の▲▲さんファンから、抗議の声が・・・」

月島のお店のお話とか伺います。

ご主人ともお話が弾むのが、さすがの「つ」様でございます。

  「以前は床が灰皿替わりで、吸殻をそのまま捨てたりしてました。」

  「今のお店も、床が石材っぽいから昔みたいに出来そうですね。」

ご主人が、

  「築地の時は床がタイルだったので、最後に水を流して帰ったのです。」

  「こっちは厨房以外は(床が)防水じゃないので、ダメなんですよ。」

「つ」様は先にお出かけになります。

ありがとうございました。

 

私も途中で差し込みが来ましたので、お店を後にしました。

ごちそう様でした!

 

お向かいのお寿司屋さんです。

 

こんなメニューが追加になりました。

『やじ満』さんに戻って、持ち帰りを頂戴します。

ありがとうございました。

 

拾得物掲示板を確認して、

 

バス停に向かいます。

ーーーーー

 

親方と合流して、搾菜炒飯を食わせます。

誰かさん、それだけじゃ足りなくて、別途調達のご飯も食わせます!

マヂか!(笑)

 

私は飲まされます。(この日、コレで3本目なんですが・・・)

 

一箸頂きます。 シイタケが美味しいですねえ!(笑)

ごちそう様でした!

豊洲市場6街区『小田保』。(2022.10.1土)

お寿司屋さんの開店待ちの皆様です。

 

6時3分、もちろん『小田保』さんは開店してます。

 

メニューを拝見します。

 

むう。 カキフライは10時からですか。

 

カウンター入口席に先客様がいらっしゃるので、奥の席を頂戴します。

自動的に緑の壜が届きます。

ありがたい事です。

  「アナゴバターってお願い出来ますか? 単品でお願いします。」

注文をお願いしてから、以前アナゴバターを頂戴したことを思い出しました。

あああ、失礼しましたー!

 

別のお客がお尋ねです。

  「カキフライって?」

  「10時からです。 まだ牡蠣が来てないんですよ。」

 

6時7分、お寿司屋さん開店です。

 

常連様ご来店。

ご挨拶してご一緒して頂きます。

 

お酒とおつまみをご注文になってから、お寿司屋さんに向かわれます。

この日は「スミクイウオ」があるとかで、どうしても召し上がりたいそうです。

 

アナゴバター焼きが到着しました。

 

これで150mmなら、割りとデカいですねえ!

 

頂きます。 ウメー!(笑)

 

醤油を垂らして・・・垂らし過ぎましたー!(笑)

まあ、香り付けだけなのですがね。(笑)

 

キャベツにはちょうどいい感じですね。

 

ごちそう様でした!

-------

 

『高はし』さんです。

 

この土曜日の予約は、1席+2席+2席+2席=7席でした。

実績は、2席+3席+5席(満席)+6席(満席)=16席。

ちなみアラカルト営業の木曜日34席、金曜日25席でした。

 

メニューを拝見します。

 

KUMAちゃんです。

豊洲市場7街区『やじ満』、6街区『センリ軒』。(2022.10.1土)

今日から10月です。

季節の進むのは速いですねえ!

新橋駅へ向かいます。

駅前は ALL NIGHT で飲んでた皆様が、まだ「のたくって」らっしゃいます。

 

始発の急行バス待ちは7番め。

Tシャツ短パンの欧米男子(30代くらい)がバスに並んでいます。

バスに乗車したのは32~33人くらいでした。

 

市場前駅前バス停にて降車します。

 

歩行者デッキに上がり、駅の券売機で Suica にチャージついでに両替します。

 

朝が暗くなりましたねえ。

 

7街区へ向かいます。

 

『やじ満』さんです。

店頭の貼り紙がちょっと変わってます。

 

『龍寿司』さんは6時30分開店らしいです。

 

料理長が貼り紙をはがし、シャッターが上がります。

ノレンが出て来て開店です!

 

品書きが変わってます。

 

ノレンの裏にも品書きですねえ!

入ってすぐ、いつもの席を頂戴します。

おねえさん・・・は、どっか行っちゃった?

料理長に、

  「タンメンお願いいたします。」

あ、差し込みが・・・

  「憚って来ます!」

 

すぐに戻ると、もうお客が数人ご来店。

 

おねえさんが、

  「ドリンク出しますか?」

  「お願いいたします。」

ありがたい事です!

ザーサイも頂きます。

 

お料理が到着しました。

 

アツアツです!

 

ハホハホしながら頂戴します。

ごちそう様でした!

 

朝の光が差し込みます。

 

晴海埠頭に、船が停泊しています。

 

帆船の日本丸ですねえ!

 

6街区に向かいます。

 

お寿司屋さんの開店待ちの皆様は、まだこのくらいです。

 

『センリ軒』さんへ伺います。

  「おはよーございまーす!」

  「おはようございます!」

今日も社長は元気です!

  「10月になったので、ホット下さい!」

 

奥のテーブルを頂きます。

 

コーヒーが到着しました。

頂きます!

 

アチアチなので、氷を投入します!

ごちそう様でした!

渋谷『石の華』。(2022.9.24土)

渋谷駅方面に向かいます。

人、多いわー!

 

世間は台風じゃなかったっけ?

 

駅を越えて宮益坂手前に抜けます。

地下鉄銀座線渋谷駅の前を横切って、エレベーターで東口歩道橋に上がります。

誰かさんが

  「歩道橋に上がらなくても、横断歩道渡れば(宮益坂方面から)行けるんですよ。」

・・・みたいなことをおっしゃいます。

いやいや、金王坂の青山通りは、歩道橋になってるじゃないですか!

六本木通りは、確かに横断歩道で渡れますが。)

ーーーーー

 

毎度お馴染み、渋谷のBAR『石の華』さんにお邪魔します。

満席でしたが、ちょうどお帰りの方がいらっしゃって、数分待ちます。

 

お店の一番奥のテーブル席を頂戴します。

 

こちらのお店・・・

ここしばらくはマスターとお弟子さん2人の、3人体制で営業されていました。

先日、一番若い男の子が都合によりお店を辞めたそうで、現在2人体制で営業中です。

お忙しいみたいですね。

 

いつも通り、注文は親方におまかせしますのよ。

 

右・「いちじくのダイキリ

一すすり頂きます。

  「チョコレートっぽい?」

  「これがくるみですよ。」

 

いちじくの種がプチプチです。

 

左のオレンジ色が

「食用ほおずきのマルガリータ

結構苦いですねえ。

 

お通しです。

 

「国産ラズベリールバーブマティーニ

 

アイラモルトの新しいのが入ったそうで、それを頂戴します。

 

も一つ頂きます。

ごちそう様でした!

 

外に出ると、またポツポツと降ってきました!

 

はなまるうどんさん

 

渋谷駅の新南口から乗りますと、プラットフォームでコケを栽培中。

 

帰るよー!

渋谷『鳥源氏』。(2022.9.24土)

映画終了。

取りあえず、乗換案内を確認します。

目的地は渋谷ですが、地下鉄銀座線だとちょっと離れているみたいです。

どうやら地下鉄2本を乗り継ぐとイイ感じみたいです。

地下通路で千代田線の日比谷駅に移動、プラットフォームのベンチに腰掛けます。

時間があるので、親方のショルダーバッグを確認します。

ストラップがねじれているので直してほしい・・・との事です。

チラッと見ただけですが、直る気がしないですねえ・・・

しばらくTRYして、

  「これは無理です。

   ストラップの長さ調整部分が ”メビウスの輪” になっています!」

  「バックルに通して縫ってある部分を、一旦糸を切って解いて、

   ストラップを通し直して縫わないと無理です!」

雑誌(雑誌付き付録?)の、付録のバッグらしいです。

ご本人、取りあえずねじれはあきらめたようです。

ストラップの長さ調整だけ出来るようにして終了!

 

やって来た千代田線の電車に乗って、表参道駅で乗換えます。

乗換案内では、半蔵門線へ「乗換1分」って出てましたが、無理無理!

混んでるし、階段で上の階まで歩くし、3~4分は掛ったわよ!(笑)

半蔵門線の渋谷駅に到着、A2出口を目指します。

道玄坂下交叉点から『109』の方向を見て、右側(東急デパート本店方向)の道路に出ます。

パラパラと雨が降っています!

LIGHTNING がピカピカしているらしく、誰かさんが、

  「早くしろー!」

・・・と吠えてます!

  「おへそを隠しなさい!」

ーーーーー

 

程なく、お店の看板を発見!

 

ビルに飛び込んで、エレベータで4階に向かいます。

扉が開くと、もう鶏料理の『鳥源氏』さんです。

  「いらっしゃいませ。」

  「予約の▲▲です。」

 

エレベータ正面、一段高くなった所が、カウンター+オープンキッチンになっています。

 

L字カウンターの短辺に席を頂きます。

 

オススメのメニューを拝見します。

 

この日は、ドリンク飲み放題が付いたコースを頂戴します。

 

まずはドリンク、親方はウーロン茶(氷無し)、私は生ビールをお願いします。

頂きます。

 

お通しは、「トマトの果実酢漬」「枝豆」

ミニトマトを湯むきして、漬け酢に1日浸けるそうです。

美味いですねえ!

 

サラダ、水菜と粉チーズ?

 

赤白ワインを追加します。

 

焼き鳥「抱き身」(塩)です。

「大山鶏」(だいせんどり)をご使用だそうです。

 

セセリ(タレ)

 

七味を振ります。

 

フリソデ(柚子胡椒)

 

日本酒を頂きます。 新潟「越の誉 特別純米

ナカナカ結構です。(笑)

 

油淋鶏

 

マルハツ(塩)は、多分初めてです。

鶏のハツは、通常半分ほどを切って串に刺すのだそうです。

それを切らずに、そのまま提供するのが「丸ハツ」だそうです。

 

日本酒のお代わりをお願いしますと、店長が、

  「全部入るかな?」

 

残り全部を注いでくださいました。 さすが飲み放題です。(笑)

 

親方のレモンサワーです。

 

こんなウイスキーもございます。

米国向け輸出品の逆輸入品だそーです!

 

雨のせいか、お客がひっきりなしです。

すでに予約で一杯らしく、フリーのお客は・・・です。

18時10分にご来店の方、

  「19時から予約の者ですが・・・」

スゲーなあ!(驚)

 

ココロノコリ

ハツ(ココロ)に付いていた血管部分は、カットして廃棄される事が多いそうです。

ハツモト(心臓根元の大動脈?)と、ハツヒモ(心臓と肝臓をつなぐ血管)を、

5〜6羽分も集めて焼いた部分だそうです。

 

厚揚げ

  「味が付いています。」

 

ああ、さっき店長が焼き台横のタレ?に浸けてたヤツね!

丁寧に調理された感じがします。

美味しいですねえ!

 

ツクネ

 

締めの、鶏白湯スープのラーメン(ハーフサイズ?)です。

 

七味投入します。 美味しいですねえ。

 

窓から、外の様子を伺います。

美味しかったです。 ごちそう様でした!

(こちらのお店、親方はお気に入りになったみたいです。)

 

雨は止んでいますねえ!

映画「さかなのこ」@TOHOシネマズ日比谷(東京宝塚劇場地下)。(2022.9.24土)

日比谷に向かいます。

  「歩くのイヤー! 脚イターイ!」(泣)

・・・と号泣しましたが、厳しい親方は、

  「歩くよ!」

雨が降ったおかげで?地下鉄で移動になりました。

助かったよー!(泣)

 

無事に日比谷駅に到着。

地下道経由で東京ミッドタウン日比谷に向かいます。

この日は、TOHOシネマズ日比谷(宝塚劇場地下)で映画を観ますのよ!

開場までまだ30分以上あるのに、劇場に行きたがる人がいるのです。

 

しょうがないので映画館にお連れします。

ココも映画のポスターとか、一切貼ってありません。

映画のワクワク感とか、どう考えてるんだろう?

 

ネット予約した誰かさんが、入場券を発券します・・・

とりあえずリクエストします。

  「どこか座りたいです。」

  「私は立ってます。」

  「げー。」

TOHOシネマズ日比谷でも、4階の劇場は椅子があって座りやすいのです。

しかし、地下のココは椅子がごく少ないのです。

必要があれば、立ってるのはやぶさかではありませんが、そもそも立ってる必要がありません。

親方が憚りに行くと言うので、

  「コーヒーを飲んできます。」

ミッドタウンからこちらの劇場に来る地下道の入口に、コーヒー屋さんがあるのですが・・・

満席だー!(泣)

 

一旦、ミッドタウンの地下ロビー?に移動します。

コンビニ前に空いている席を発見! ラッキー!

タブレットで記事に写真を貼りまくって、UPして公開します!

ヨッシャー、映画までに間に合ったー!

おっと、開場時間だー!

劇場に戻ります。

ーーーーー

 

感想です。(ネタバレがあります!)

えーと、さかなクンの自叙伝を原作にしてるそうですが、大分翻案されているのかな?

ファンタジー映画ですねえ!(笑)

さかなクンご本人もギョギョおじさんとしてご出演!

アレはヤベー人物です。(笑)

小学生が、

  「捕まったら魚に改造される」

・・・と言うだけはありますねえ!(笑)

だけど、映画の中で・・・

さかなクンが魚を見る目と、主人公のミー坊(子役)が魚を見る目は違うんですよねー。

子役のミー坊は、ちゃんと演技は出来ていました。 それこそ好演していました。

だけど、「魚が好きな人間の目」ではないと、私は感じました。

これはゴメンナサイ。

 

そして主人公のミー坊を「のん」さんが演じました。

主人公、特に「のん」さんが演じる高校生以降のミー坊は、スゲー透明感です。

ホントにあんな美少年がいたら、絶対キャーキャー言われてるんだろうなー。

ココロがにごっている私は、そう考えてしまいます。(笑)

お母さん役が井川遥さんで、相変わらずおキレイで結構でした。

(ちょっと哀愁があるんですよねー。)

 

私、あまり意識した事なかったけど・・・

さかなクンって、一般のお子さんとは違う「芸風」の持ち主だったのですねえ。

(言われて、初めて気がつく私も私ですが・・・)

そのお母さんが、好きな事を続けさせてくれたのが、今日につながっているのでしょう。

お母さんの覚悟がスゲーですねー!

ある意味、子育ての話なのかな。

優しい人しか出て来ない映画ですねえ。

(想像したこともなかったけど、現実にはスゲー苦労したんだろうなぁと思います。)

 

この映画、割りとオススメです。

ーーーーー

 

オマケ。

豊洲市場7街区から、マグロの競り場に向かう渡り廊下の手前です。

豊洲開場1周年の、さかなクンのイラストが掲げられていますのよ!(笑)